アトピーの黒ずみってなかなか消えないですよね。。。

アトピーの黒ずみってなかなか消えないですよね。。。 今はもうストレスの原因だった仕事を辞めているので当時ほどひどくなることはないんですが、それでもまぶたであったりお腹がかゆくなるといった アトピーの症状が出ることがあります。


掻かないようにしているつもりでも気が付いたら掻いてしまっていて、鏡をみたら黒ずみになっていることがあって後悔するなんて経験は一度や二度ではありません。


アトピーの黒ずみというのは炎症性の色素沈着なので紫外線のシミを消すことに比べるとかなり美白コスメが効いてくれます。 特に体にできた黒ずみにかんしていうと顔と比べてターンオーバーが遅いので皮膚が入れ替わるのを待つより美白コスメを使ったほうが早くきれいになります。


アトピーの黒ずみ(色素沈着)対策のために美白コスメを選ぶという場合、チェックしたいポイントは、 「抗炎症作用があること」「メラニン生成を抑制してくれること」「肌のバリア機能を修復してくれること」の3つです。


美白作用はあってもバリア機能を修復する作用はなかったり、逆にバリア機能を高める作用はあっても美白作用がなかったりとなかなか3つの条件を兼ね備える 美白コスメがなかったんですが、遂に見つけることできました。それが敏感肌ブランドのディセンシアの「サエル」という商品です。


炎症性の色素沈着に悩んでいる方はチェック! サエルの詳細

使ってわかる!アトピーの黒ずみに「サエル」がいいワケ

抗炎症作用のある有効成分が配合されている

アトピー性皮膚炎というぐらいなので肌内部では炎症が起きています。ひどい炎症となるとそれこそステロイド外用薬やタクロリムス外用薬を使わないと ダメですが、そういった薬の力を借りて治したとしてもちょっとした刺激でまた炎症が再発してしまうのがアトピーです。

そのため少なくとも抗炎症作用のある有効成分が配合されているスキンケア化粧品を使いたいところですが、サエルにはコウキエキスやアルニカエキス、 グリチルリチン酸2Kといった抗炎症作用のある成分が含まれているのでその点は安心できます。


アトピー肌の弱ったバリア機能を修復する作用

生まれ持った体質的なものにしろ後天的なものにしろアトピー肌に共通するのは、肌のバリア機能が弱く、外部刺激の影響を受けやすいうえ、 肌内部の水分を保持できないために乾燥しているということです。天然保湿因子やセラミドが不足してしまっているんですね。

サエルには弱ったバリア機能を立て直すセラミドによる高い保湿力のほか独自のバリア膜サポート技術で疑似角層を作り、 肌のバリア機能を保護する機能があります。この疑似角層を作る技術というのはディセンシアの特許技術です。


色素沈着をなかったことにする美白作用

色素沈着に対しては独自開発の美白成分「エスクレシド」が「チロシン」と「チロシナーゼ」の合体を防ぎ、メラニン生成を抑制するという作用と ハイスピード・メラノリターン処方という黒くなったメラニンを黒くない状態に巻き戻す色素沈着を改善する作用もあります。

実際は黒くなったメラニンを黒くない状態にまで戻すといっても紫外線によるシミにはあまり効果がないみたいなんですが、 アトピーの黒ずみのような炎症性の色素沈着に対しては「お見事!」といえる効果を発揮してくれます。


サエルの良いトコ、悪いトコ

とにかく低刺激でワセリンしか使えないような肌にも余裕で使える!
水分蒸発を防ぐ効果はワセリン以上!
サラサラしたテクスチャーなのでしっとりしたものが好きな人には不満。
アトピーの黒ずみの範囲が広いとコストパフォーマンスが悪くなる
返金保証付きのトライアルセットがあるのでとりあえず試してみることができる

体験者の声をもっと見てみたい! 続きはコチラ

アトピー肌のスキンケアには皮膚科の保湿剤よりディセンシアを使ったほうがいい理由

老けないための紫外線対策 要チェック アトピー肌こそ使うべきディセンシアの技術


ディセンシアという敏感肌ブランドは「ヴァイタサイクルヴェール®」という特許技術から生まれたブランドです。 この独自の保護膜形成技術はポーラ研究所が大手製薬メーカーとアトピー・敏感肌の共同研究を行っていたときに発見されたもの。


アトピー肌の弱ったバリア機能をどうやって保護し、修復して正常な肌に近づけることができるかという研究から生まれた保護膜形成があまりに素晴らしかったため敏感肌ブランドを1つ作ったというのがディセンシアなんです。


これは化粧品業界でも異例のことだそうで、普通はマーケティングの観点からカバーしたいターゲット層向けにブランドを立ち上げるそうですが、 ディセンシアは世界に誇るポーラ研究所がアトピー・敏感肌の研究のなかで生み出した「ヴァイタサイクルヴェール®」という特許技術を世に広めるため生まれたブランドだということなんですね。


アトピー肌のスキンケアにも当然使えて、皮膚科でもらう保湿剤(白色ワセリン・ヘパリン類似物質製剤・尿素製剤)と比べてディセンシアのクリームは遜色ないどころか、 実証実験ではワセリンよりも水分蒸散を防ぐ効果は高いことが確認されているぐらいです。


サエルについていえば、さらにアトピーの黒ずみに対する美白作用もあるので、ココだけの話、皮膚科でもらう保湿剤よりずっとアトピー肌のケアに使えます。 体液が出てジュクジュクしているようなアトピー肌にはさすがに使えないみたいですが、そうでなければサエルを使ったほうがずっと肌はきれいになりますし、白さを取り戻せるはずです。


アトピー肌の保湿&黒ずみ対策に! サエルのお試しセットを見てみる!
Copyright © 2014 アトピーの黒ずみ対策~僕が使ってよかった美白コスメ· All Rights Reserved·