アトピーの黒ずみが紫外線のシミよりずっと治りやすい理由

アトピーの黒ずみが紫外線のシミよりずっと治りやすい理由 美白美容液であったり、美白クリームはほとんどの場合、シミを防ぐためだったり、出来てしまったシミ対策で使うものだと思います。


まぁ、しかし、効果を実感できたという人は少ないですよね。シミが消えた!という場合も美白コスメが効いたのかそれとも 肌の新陳代謝で自然とメラニンが排出されて消えたのか区別つかないですから。


時間が経ったシミが消えなくなるのはメラニンの蓄積というよりもその部分の肌構造が変性してしまっているからだといいます。 紫外線にはDNAを破壊する力があるので、そのせいで肌細胞がエラーを起こすようになったと考えたほうがいいんですね。


肌細胞が壊れてしまった以上はその肌細胞ごと取り替えるしかないのでレーザー治療がシミには効果的なわけで美白コスメは効果がないわけです。 こうした薄くならない小さくもならない紫外線のシミと違って美白の効果がでやすいのがアトピーの黒ずみなどの炎症性の色素沈着です。


炎症性の色素沈着は単純に表皮に蓄積されたメラニンですから、メラニンに作用する美白成分は効果あるんですね。 肌細胞にエラーが起きているわけではないのでメラニンさえなんとかすれば肌はきれいになります。対策としてはそんなに難しいことはありません。


【結論】アトピー肌の色素沈着には美白が効く 僕が使っている美白コスメ

首や肩、お腹にできてしまったアトピーの黒ずみ対策は?

首や肩、お腹にできてしまったアトピーの黒ずみ対策は?

アトピーによる黒ずみは何も顔だけに限定されるものではなく、首や肩、お腹にもできます。引っ掻いてしまうところはすべて対象になるわけですね。


そんな顔以外にできてしまった黒ずみに対して美白コスメというのは使っていいのか気になるところです。というのも美白美容液や美白クリームというのは顔に使うことを前提につくられているものだからです。


また、皮膚科で塗り薬などは体の部位別に処方されることもありますから顔用のものを体に使うというのはどうなのか?気になりますよね。


結論をいうと効果に関しては身体に使ってもしっかり発揮されます。


ただ、顔に使うように使用感などは考えられているので体に使うと感触や使いやすさに違和感があることがありますし、何より広範囲に塗るほど費用対効果が悪くなります。


とはいえ、体は顔に比べてターンオーバーのスピードが遅いので黒ずみが抜けるまでに時間がかかりますから早く黒ずみを何とかしようと思ったら 美白クリームなどを塗ったほうがいいのは間違いないです。


ちなみにアトピーとはあんまり関係ない話ですがひじやひざなんかの黒ずみが気になる人もいると思います。こうした黒ずみにも美白クリーム等は有効ですが、 ゴワゴワしている部分にかんしては角質ケアや保湿で皮膚をやわらかくしてあげたほうが黒ずみは目立たなくなります。参考までに。


バリア機能の修復×美白の2つ効果が魅力! 僕が使っている美白コスメ
Copyright © 2014 アトピーの黒ずみ対策~僕が使ってよかった美白コスメ· All Rights Reserved·