大人アトピーは突然発症する!

大人アトピーは突然発症する! 乾燥肌や敏感肌はひどくなるとかゆみがでてきます。皮膚の薄い目元などにかゆみがでてくると肌を擦ることですぐに黒ずみができたり、腫れてきます。


さすがに腫れたりすると異常に気づくわけですが、乾燥やかゆみ程度であればまさかそれがアトピーだとは気づかない人も多いでしょうね。


目の周りだけ赤いとかカサカサする、かゆい場合はアトピーを疑ったほうがいいです。 特に生活環境が一変したとか仕事や人間関係に悩んでいるなどストレスがかかっている状態なら間違いないです。


アトピーについてはもともと保有しているアトピー因子の影響も無視できませんし、アレルギー体質なども関係してくるんですが、大人アトピーの場合は それがストレスが引き金となって表に出てくるという感じなんですよね。


そんなわけで子供のころにアトピーだった人はもちろん、花粉症の人やなんらかのアレルギー症状がある人はすでに爆弾を抱えていると思ったほうがいいです。 根治するというのは難しく、症状を抑えるというのがアレルギーの治療になるので大人アトピーも治療して治ったと思ってもまた何かの拍子ででてきてしまうということがあるということです。


アトピーを発症・再発させないためにストレス対策はもちろん、肌をよい状態に保つ必要があるので保湿をして肌のバリア機能を強化しておくことが大切です。 スキンケアをサボると刺激を受けやすい状態になり、外部刺激が引き金になることがあるので注意が必要です。

アトピーの予防・再発を防ぐ保湿ケアは?

アトピーの予防・再発を防ぐ保湿ケアは?

アトピーの治療中というのは皮膚科で処方される塗り薬と保湿剤を使ってスキンケアするのが基本です。軽微な炎症であれば保湿剤だけでよくなるケースも多いです。


ただ、炎症が落ち着いてからもいつ何時、再発するかわかりませんから肌のバリア機能を保つことで乾燥と外部刺激の侵入を防ぐという点を意識してスキンケアをする必要があります


皮膚科ではワセリンやヒルドイドローション(あるいはヒルドイドクリーム)、尿素クリームといった保湿剤が処方されることが多いんですが、 セラミド配合の敏感肌用のクリームを使っても大丈夫です。


それで僕の場合は、セラミドが配合されていて低刺激、さらには黒ずみに対する美白効果も期待できるということで敏感肌ブランドのサエルを選んだわけです。


※ ちなみにサエルですが、アトピー肌に使えるといってもジュクジュクして体液が出ている肌には使えません。


乾燥肌も敏感肌もアトピー肌も共通するのは肌のバリア機能が低下しているということなので、それをいかに保護するか、保湿してカバーしてあげるかというのがポイントになります。


セラミドで保湿してくれるクリームは他にもありますが、そこにさらに弱ったバリア膜を保護してくれる独自技術があるというのがサエルです。 「保湿×保護」という2つ効果があれば、よりアトピー肌に負担をかけることなく乾燥しやすい肌も守ることができるんじゃないでしょうか。


サエルの良いとこ、悪いとこ 僕が思ったこと
Copyright © 2014 アトピーの黒ずみ対策~僕が使ってよかった美白コスメ· All Rights Reserved·